• HOME
  • 社長あいさつ

社長あいさつ

寺園 智樹

目指しているもの。それは「いい社会」

株式会社テラダイという会社において、私の仕事は「きっかけづくり」の一言に尽きます。 社員一人ひとりが自らの力で、はじめの一歩を踏み出す為の環境をどれだけ作り出せるか、用意できるかです。 その中で各自が考え、行動していく事によりそれぞれが成長していき、その先に会社の成長があると信じております。 人は人でしか磨かれません。また、人は人に支えられています。私を含め人は様々な影響を人から受け育つものです。 良いも悪いも人から学び、インプットされアウトプットされていく。アウトプットは最大のインプットでもあります。

そもそも「私たちは何のために働いているのか?」 ビジネスだからきれいごとを言う前に利益を出さなければ意味がない。と仰る方もいます。 もちろん利益は大切です。どんなに世の中の為に良いことをしても赤字ではその企業活動は持続できません。 では何のために利益を出さなければならないのか、それは企業が永続して自分たちのミッションを達成し続けるためです。 ただ利益は手段であって最終目的ではありません。

寺園 智樹

企業は何のために存在しているのか?

ミッションを持っている人や企業は活力があり、顧客を楽しませ、驚かせ、感動させます。 たとえ厳しい現実に直面しても、常に前向きで生き生きしています。素晴らしい仕事をしている人は、 必ずと言っていいほど明確なミッション、ビジョンを持っています。 そして、そんな人と仕事をするのはとても楽しいし、一緒に仕事をしたいと思わせるのです。 テラダイはそう思っていただける会社でありたい。「テラダイでもいい」ではなく、 「テラダイでなくてはならない」そんな存在でありたい。「テラダイにいる誰々」でなく、 「誰々がいるテラダイ」と各々がなっていくことによって、私たちが魅力ある企業になると確信しています。

テラダイは業績が良いだけでなく、 会社を取り巻く全ての人々が日常会話の中で「いい会社だね」と言って下さる会社を目指しています。 「いい会社」とは「良い会社」でもあり「好い会社」。自分たちを含め、全ての人々をハッピーに出来る会社です。 そこに「いい会社」をつくる真の意味があるのです。

寺園 智樹

テラダイがテラダイであり続けるために・・・

企業は本来、会社に関わる人々の幸せに寄与するためにあるべきです。私たちは、社員が精神的にも物質的にも、 より一層の幸せを感じるような会社をつくると同時に、永続することにより環境整備や雇用、納税、 メセナなど様々な分野において社会に貢献し、売上や利益の大きさよりも、 会社が常に輝きながら永続することに邁進してまいります。

株式会社テラダイ 代表取締役 寺園 智樹
 

ページのトップへ